【 食べ処 】

Lattonzolo D’oro(ラットンゾーロ ドーロ)

四条烏丸を少し下がった烏丸高辻に、美味しいイタリアンがあると
友人に連れられて行ってきました。


お皿に溢れんばかりの前菜の盛り合わせ
盛りつけは雑然とした感じですが、味はそれぞれに美味です。


続いて登場したいわし その大きさにびっくり!
これだけでお腹いっぱいになりそう〜〜


黒豚の赤ワイン煮込みは、お肉がホロ〜っと実に柔らかくスプーンでシェアできます。
これって仏料理じゃ無いのなんてことはどうでもよく美味でした。


最後のパスタは「バベッティーナ 海の幸 山の幸」
「バベッティーナ」ってどんなパスタ?長いの?太いの?丸いの?
なんて言ってたらお店の人がすっと「これです」と平打ち面を。
何気に客席を気にかけられている姿勢、良いですねぇ。

魚介やキノコがたっぷりの私好みの美味しいパスタでした。
それにつけても、とにかくボリューミー!&リーズナブル!
3人でそこそこ飲んでお札1枚なんて嬉しすぎます。


Lattonzolo D’oro(ラットンゾーロ ドーロ)

住所:京都府京都市下京区因幡堂町717
電話:075-352-7555
交通:地下鉄四条駅徒歩5分・地下鉄五条駅徒歩5分

嵐山の隠れ家「松籟庵」

隠れ家と呼ばれるお店は多いけど、
本当の隠れ家とはこんな処を言うのじゃないかしら。
そこは、嵐山の渡月橋から上流に10分ばかり歩いた緑の茂みの中にあります。

建物は元近衛文麿首相の別荘だったそうで、
室内から眺める風景がとても素晴らしく
目の前には桂川の清流、嵐山の緑
耳を澄ませば清流の音が、手を伸ばせば触れそうな木々
それは趣きある佇まいです。

実はず〜っと以前20年くらい前、一度訪れたことがあったのですが、
今にも崩れ落ちそうな壁で、トイレ等もちょっと…
風情はあるけど、やっぱり古さが際立っていて。。。
以来足を運ぶことがなかったのですが、最近友人から「松籟庵が奇麗になってる」と聞き、久しぶりに行ってきました。

外観の趣はそのままに、室内はとても奇麗になっていました!
食事は「湯豆腐料理」のコースが色々あります。
今回食べたのは「松葉コース 3800円」です。

中学生未満入室不可なので割と静かですが、どうせなら個室がおすすめです。
私なら紅葉盛んな秋や、桜の春をあえて避け、人気の少ない冬にひっそりと
心の通う人と行きたいものです。

 松籟庵

京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
TEL : 075-861-0123
定休日:年中無休(但し、正月のみ休業)

大人の居酒屋「酒肆 門 」_大阪

mon3

大人の女なら行きつけのBarや居酒屋の2つ3つは持っておかないと。
なんて言ってたら、それなら今日は私のとっておきを
と、大阪の雑誌社に勤めるSちゃんが教えてくれたお店。

お初天神脇の路地を、薄暗い看板をたよりに歩くと一見スナック風の扉が。
開けるといきなり狭い急な階段、知らない人ならちょっと勇気のいる入口。
まさしく これぞ大人の隠れ家!
慣れたSちゃんの後をついて階段を上がると、カウンターとテーブル席が2つ
こじんまりと落ち着いた趣き。先客はいずれも30代以上。
旨いものを食べさせますよー的なオーラを感じる。

お通しを食べた瞬間、あ〜やっぱり。予想通りの美味しさに感動する。

mon2
「お刺身の盛り合わせ」は、どれも新鮮そのもの。
「野菜の炭焼きと地鶏の山椒焼き」などは、地鶏はもとより、
野菜の美味しいことに感動する。

mon

焼き物、煮物、ひとつひとつ手のこんだ文句なしの味。
日本酒にぴったりな料理の数々。酒好きにはたまらない!
と言いながら、実は日本酒が飲めない私。
ビール1杯くらいで、ご飯が食べたくなってしまう。(定食屋じゃないって)

そもそも大して飲める方でもないのに
「行きつけの・・・」どうのこうのと宣わっていてSちゃんゴメンナサイ。
でもねこういうところへ行く雰囲気が好きなのよね。

「おばんざいと焼酎の店 あと村」に匹敵するくらい
料理の美味しい居酒屋でした。

「酒肆 門 (しゅし もん)」
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5−37
TEL :06-6364-3573

「松葉家本舗」のおじやうどん_大阪

matuba
大阪は船場、かつては繊維問屋がひしめきあった歴史ある商売の町です。
午前中、その船場にあるお客さんの所で打ち合わせ。
帰りに、ちょっと変わったうどんを食べましょう。
と、お昼をごちそうになったのが「松葉家」の「おじやうどん」

鉄の四角い鍋で運ばれてきたのは、
鶏、穴子、玉子、ぶ厚い椎茸、かまぼこがのった
わくわくするようなおうどん。
うどんは、平たい細めのコシのある麺に鰹と昆布がきいた
見た目よりずっとコクのあるお出汁。

ご飯は、米粒がサラサラとした感じで入っています。
後半、玉子をくずして食べると、玉子雑炊。
うどんと雑炊が食べられて一鍋で二度美味しい!
得した気分。さすが大阪!

後で知ったんですが、ここは”きつねうどん発祥の店”なんだそうです。
今度機会があったらその「きつねうどん」もぜひ食べてみたい。

松葉家本舗
大阪府大阪市中央区南船場3-8-1
TEL:06-251-3339
アクセス:地下鉄御堂筋線、心斎橋駅下車

京の節分祭

今日は節分祭で賑わう神社巡りをしてきました。
kumano
「熊野神社」の節分祭では、毎年「本家西尾八ッ橋」さんの
お茶とお菓子の接待があります。
今年の菓子は八橋とやき餅でした。
「どうぞ休んでいっておくれやす〜」の呼び声も高く。
こんな世知辛いご時世になんとも太っ腹です。

setubun3
「須賀神社」では、怪しい出で立ちの「懸想文売り」が
縁談や出会いなどの欲望を叶える符札を売っています。
烏帽子・水干姿に覆面という姿は、その昔、字のかけない農民に変わって
恋文を代筆したお公家さんの名残だそうです。
顔を隠してのアルバイトだったので、このような出で立ちになったとか。
ナルホド納得!公家さんも台所事情は大変だったのね。

setubun2
この札を鏡台やタンスの引き出しに入れておくと願いが叶うそうです。
最近は女性誌やネットなどで紹介されている為、飛ぶように売れています。
一人で10個という強者もいました。

yosida
「吉田神社」では今年も「抽せん券付厄除福豆」を買ってきました。
「旅行券10万円分」当たれ!

setubun
最後に、河道屋で旧暦の年越し蕎麦を頂いて、帰路に着きました。

熊野神社
須賀神社
吉田神社

検索

プロフィール

名前:姐奴
性別:女性
星座:天秤座
お土産は貰うより、あげるほうが好きです。「これは、きっとあの人が喜びそう」等と顔を思い浮かべながら、選ぶ時間が一番楽しいからです。

携帯からも見れますえ

*

お気に入りリンク

タグクラウド

うどん・そば お寺 お店 ご挨拶 イタリアン イベント カフェ 和菓子 和食 居酒屋 洋菓子 漬け物 神社 食材