「たねや茶屋」のあんみつ

梅田阪急に行ったついでに「たねや茶屋」に行ってきました。
「たねや」といえば、全国のデパートどこでも目にする有名菓子店です。

ただ、食べられるお店は少なく滋賀以外では、ここくらいです。
平日のお昼にもかかわらず、6組くらい並んでいました。
普段は並びたくない私ですが、足が疲れていたので座って待つのも都合よく
20分位待ちました。

「あんみつ」をオーダーすると、鉄瓶に入ったお茶が一緒に運ばれてきます。
やわらかな寒天のあんみつに、あんずと店内でついたお餅が3つちょこんと乗っていて、黒密も添えられています。
思ったより小ぶりでしたが、私には十分でした。

本部のある滋賀県近江八幡には、広大な敷地にショップ、カフェ、フードガレージなどで構成される複合施設があるそうです。
出来立てのスイーツが食べられたり、オリジナルに出会えたり、
スイーツ好きには夢のようなところです。

お店メモ:あんみつ 756円(税込)

たねや茶屋 うめだ阪急店
大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F
TEL: 06-6313-7666

ラ コリーナ近江八幡

梅田スカイビルの「芭蕉庵」でわらび餅を食す


大阪駅の北側、新梅田シティ内にある大阪スカイビルに行ってきました。
2棟のビルの間に円形の空中庭園展望台がある変わった形のビルです。

建った当初に比べると、周囲に高層ビルが増えたので、
さすがに高さでは目立たなくなりましたが
風を肌に感じながら、大阪を全方向から一望するのは素晴らしく壮快です。

展望を満喫したあとで、地下にある昭和レトロを再現した「滝見小路」にある
「芭蕉庵」でわらび餅を食べました。
わらび餅セットと丹波産黒豆が運ばれてくるので、その豆をテーブルの石臼でひいて、きな粉は自分で作ります。
満足いくだけのきな粉を作るには、それなりに頑張ってひかないとだめなんですが、私はとりあえず半分くらいひいたところで食べ始めました。

ぷるぷるのわらび餅に芳ばしいきな粉、美味しい!
きな粉の他に黒密や餡などもあるので、自分流にアレンジしてわらび餅を存分に堪能できます。

お店メモ:本造り笑来美餅(抹茶またはコーヒー付) 1,050円

創作和菓子工房 芭蕉庵 新梅田シティー店
大阪市北区大淀中1丁目1番90-B100
TEL:06-6440-5928
営業時間:11:00〜21:00(LO 20:30)

鼓月の「千寿せんべい アイスクリーム」

今や全国区となった京都の銘菓「鼓月の千寿せんべい」に
ミルクたっぷりのアイスがサンドされました。
もの珍しさで買ってきたものの、すっかり忘れて
冷凍庫に入れたまま1週間が過ぎ、今日食べることに。

長いこと冷凍しすぎたせいか、それとも冷菓の宿命か
通常の千寿せんべいのサクサクとしているヴァッフェル生地の部分が、
しっとりしてしまい、よくある市販のビスケットアイスと変わらないような。
私的には残念なことに。

組み合わせとしては申し分なく美味しいので、
千寿せんべいを買ってきて、自分でアイスをサンドしたら
もっと美味しいかもと思いました。

お土産メモ:1個 378円(税込)

京菓子處 鼓月 烏丸店
京都市中京区錦小路烏丸東南角笋町681
TEL:075-221-1641

「みれい菓」で涼をとる

気がつけばすっかり夏本番。
こんな暑い日は、冷たいお菓子が涼しくしてくれます。

いろんな人から美味しいと聞いていた札幌「みれい菓」の
「札幌カタラーナ いちごみるく と プレーン 」の2品を
取り寄せてみました。

さっそく「いちごみるく」を開いてみると
鮮やかな赤い大粒のイチゴがゴロゴロ、イチゴの魅力満載!
届いたときは冷凍状態でイチゴもクリームもカチカチです。


説明書にあるように、常温で20分くらい置いて切り分けると
クリームは程よい柔らかさになっていて口の中でとろけます。
甘酸っぱいイチゴ&イチゴソースと、
ミルク&クリームの甘さが相まって美味しい。

ただクリームとイチゴの解凍時間に差があって、イチゴはしゃりしゃり
それが冷たくて美味しいのでしょうが、私はもう少しイチゴが融けた方が好きです。
暑い盛りにこんなお菓子を貰ったら嬉しいでしょうね。

みれい菓
TEL:0800-800-2771
北海道内に実店舗が、数店あります。

夏越の祓に「水無月」を食べる


今日6月30日は「夏越の祓」といって
半年分の穢れを祓い、後の半年分の厄よけを祈願する日です。
この日はまた「水無月祓い」ともいいます。

夏の暑い盛りに宮中の人は、
冬に氷室に保存しておいた氷を食べて邪気を祓ったそうです。
氷にありつけない庶民は、三角の白い菓子を氷になぞらえて、
厄よけの小豆を散らした和菓子を食べ、暑気祓いをしたそうです。
この和菓子こそが「水無月」のはじまりです。

京都では今も6月30日には「水無月」を食べて
厄落としをする習わしが続いています。

「仙太郎」さんの水無月は
氷に見立てた台の部分(外郎)はしっかり弾力があり、
小豆もしっかり甘くて、暑さを迎え討つって感じの強さが好きです。

「水無月」は賞味期限が当日なので、ご近所さんへのおもたせに。

お土産メモ:水無月 1個/227円(税込) 2個/450円(税込) 

「仙太郎」
京都市下京区寺町通り仏光寺上る中之町576
TEL:075-344-0700

検索

プロフィール

名前:姐奴
性別:女性
星座:天秤座
お土産は貰うより、あげるほうが好きです。「これは、きっとあの人が喜びそう」等と顔を思い浮かべながら、選ぶ時間が一番楽しいからです。

携帯からも見れますえ

*

お気に入りリンク

タグクラウド

うどん・そば お寺 お店 ご挨拶 イタリアン イベント カフェ 和菓子 和食 居酒屋 洋菓子 漬け物 神社 食材