【 観光 】

アジサイの寺

陽気な春が足早に去ってしまい
急に暑くなったかと思えば、雷がなったり、ご乱心気味のお天気…
で、気がつけば「水無月」アジサイの季節です。

京都でアジサイの名所といえば「大原三千院の紫陽花苑」
三千院の濡れ縁に腰掛けて、露つたう「紫陽花」をじっと眺める
それは心穏やかになります。

もうひとつのおすすめは宇治にある「三室戸寺のあじさい庭園」
一昨年に行きましたが、夜間のライトアップなどもあって見応えありました。
市内からもさほど遠くないのがいいです。

ところで宇治といえば、小学校の蛇口からお茶が出てくることでも話題ですが
郵便ポストもなかなかイケてます!
先日通りかかったので撮ってきました。

そして一服するなら「中村藤吉本店」のカフェで、
贅沢な庭を観ながら、一杯二千円のプレミアム銘茶などいかがですか。

三室戸寺
京都府宇治市菟道滋賀谷21
TEL:0774-21-2067

美の競演!醍醐寺の桜

太閤秀吉が、盛大な花見の宴を開いたことで有名な桜の名所「醍醐寺」
4月4日に行われた「豊太閤観桜行列」を観てきました。

時代装束を身に着けた行列が三宝院を出発し、境内を練り歩くさまは、桃山時代を彷彿とさせます。

参道の桜のトンネル 頭上を覆う圧巻の桜に感動しますが、これはまだ序章。

霊宝館のしだれ桜 その見事な枝振りは、息をのむほどの美しさです。

金堂側の桜 天晴なしだれ具合です。

境内には、枝垂れ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜などの桜が咲き誇ります。
どれもこれも「我こそ一番!」とでも言いたげな様子で
☆豪華絢爛 まさに美華の競演です☆
一生に一度は観てみたいもののひとつです。

世界遺産 醍醐寺
京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス:JR山科駅より地下鉄東西線で約8分
TEL:075-571-0002

嵐山の隠れ家「松籟庵」

隠れ家と呼ばれるお店は多いけど、
本当の隠れ家とはこんな処を言うのじゃないかしら。
そこは、嵐山の渡月橋から上流に10分ばかり歩いた緑の茂みの中にあります。

建物は元近衛文麿首相の別荘だったそうで、
室内から眺める風景がとても素晴らしく
目の前には桂川の清流、嵐山の緑
耳を澄ませば清流の音が、手を伸ばせば触れそうな木々
それは趣きある佇まいです。

実はず〜っと以前20年くらい前、一度訪れたことがあったのですが、
今にも崩れ落ちそうな壁で、トイレ等もちょっと…
風情はあるけど、やっぱり古さが際立っていて。。。
以来足を運ぶことがなかったのですが、最近友人から「松籟庵が奇麗になってる」と聞き、久しぶりに行ってきました。

外観の趣はそのままに、室内はとても奇麗になっていました!
食事は「湯豆腐料理」のコースが色々あります。
今回食べたのは「松葉コース 3800円」です。

中学生未満入室不可なので割と静かですが、どうせなら個室がおすすめです。
私なら紅葉盛んな秋や、桜の春をあえて避け、人気の少ない冬にひっそりと
心の通う人と行きたいものです。

 松籟庵

京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
TEL : 075-861-0123
定休日:年中無休(但し、正月のみ休業)

時代祭り_2011

雨天順延で23日になった時代祭りに行ってきました。
本来は22日、10年ぶりの順延だそうです。

時代祭りは、1895年(明治28)に始まった
明治維新から平安時代初期へとさかのぼる一大時代絵巻。
それぞれの時代の風俗を再現した、全長約2キロの都大路を練り歩くお祭りです。

これまでより歩いている人にプロが多くなったのか、
とても練習されたのか、ずいぶん歩く姿がサマになっていました。
パフォーマンスも増えましたが、まだまだ手持ち無沙汰な時間も。

jidai2

jidai3

jidai4

jidai5

この一大時代絵巻は、全て「有職故実」に則って行われるため、
衣装や調度品、祭具全て、正確にその時代を象徴しています。
加えて、素材、織り、染め、技術も京都の工匠や染色の識者が、
考証研究を重ねて蘇らせています。
まさに、動く歴史資料博物館です。
かかっている費用も相当なものだそうです。

*「有職故実」宮中に関係する伝統行事や儀式に関する知識のことを言います。

五山の送り火

昨日は「五山の送り火」でした。
お盆に迎えた先祖の霊を、火と共にあの世に送り出す
”精霊送り”の意味を持つ盆行事の一つです。

okuribi2
今年は岩手県の薪の件で色々ありましたが、
午後8時には、五山の関係者が一斉に黙とうしてから点火が行われ
被災者のメッセージが書き写された護摩木約900本も燃やされました。

okuribi3
観光情緒的には嵐山がベストですが(灯籠流しもあるし)人で溢れています。
罧原堤(嵐山から松尾まで続く堤)からなら角度もよく、綺麗な「鳥居」をゆっくり見送れます。

okuribi

毎年のことですが、五山の送り火が終わると
夏の終わりが近いことに、せつない気持ちになります。

検索

プロフィール

名前:姐奴
性別:女性
星座:天秤座
お土産は貰うより、あげるほうが好きです。「これは、きっとあの人が喜びそう」等と顔を思い浮かべながら、選ぶ時間が一番楽しいからです。

携帯からも見れますえ

*

お気に入りリンク

タグクラウド

うどん・そば お寺 お店 ご挨拶 イタリアン イベント カフェ 和菓子 和食 居酒屋 洋菓子 漬け物 神社 食材